♡Ra-ra’s blog♡

一日一ブログを目指します!

【今すぐ使える】褒め言葉一覧

こんにちは〜らあらです。

今回は、褒め言葉について深く語っていこうと思います。

人とうまくやっていく手段として、「褒め言葉」というものがありますよね。

でも、褒めようと考えすぎるあまりにこんなことはありませんでしたか??

_______________

 ・お世辞のようになってしまった

 ・嘘らしくなってしまって、相手をより傷つけた

 ・相手が疑ってばかりで、肝心の喜ばせることができない

 ・上から目線になってしまった

 ・うまく言葉にできなかった

___________________________

こんな悩みを解決できる記事を用意しました。

この記事でご紹介する「褒め言葉」を実践すれば、誰でもあらゆる人間関係、状況に対応できるようになります!

なぜなら私も実際に人の心を動かすことや行動を動かすことができないという悩みを解決できたからです。

目次で、状況ごとにわけて解説するので、ぜひ覚えて使ってみてください!

 

驚くほど凄いとき

「おどろきました」

いい意味で予想を超えたときは、この言葉を明るく使って驚きや喜びを素直に伝えましょう。

「すごいなあ」

具体的な褒め言葉よりも単純だが、とっさに出てくると嬉しいですよね。

「格が違いますね」

自分よりも上の人に対しては、素直に表現するだけで褒め言葉に。

「脱帽しました」

脱帽するとは帽子を脱ぐほど相手に敬服すること。

 

相手の話を褒めるとき

「深いですね」

話の内容だけでなく、考えの深さや、人間的な奥行きを褒めることができます。

「初めて聞きました」

相手の自尊心をくすぐれるフレーズです。同時に相手の話に感謝も伝えることができます。

「たしかにそうかもしれませんね」

あまりそうとは思わなかったときでも一度肯定を挟んでおくことにより、意見が違うくとも好印象に。

 

他人より優れたところを褒めたいとき

「〇〇さん、論理的ですね」

筋道をたててわかりやすい話をする人には、喜ばれる可能性が大です。

「クリエイティブですね」

イデア豊かで創造性があるひとに。意外に効果がある褒め言葉。

「洞察力がありますね」

直感の鋭さに加えて物事を深くとらえている賢さを称えることができます。

「数字に強いですね」

暗算が得意な人などに良い褒め言葉です。

「知識」と「経験」を褒めたい時

「よくご存知ですね」

定番ですが、相手の知識の深さを褒める時に役立ちます。驚きも入れて。

「感服しました。」

自分が手こずっていることを、淡々とこなした相手を敬うフレーズ。

「見識のある人です」

三者を褒める時に使うと良いです。その第三者の耳に届けば確実に喜んでもらえます。

 

ひたむきな努力を褒めたい時

「コツコツ頑張っていますね」

友達にいわれると、「この人は私のことを分かってくれているんだ」となって嬉しい気持ちになります。

「いつも一生懸命ですね」

友達や部下を褒める時の一言。いつもたくさん努力していて凄いねと伝えることができる。

「わかっていても、なかなかできないことですよ」

面倒で誰もがやりたがらないことを、着実にこなして努力している人へ。

「やっぱり君が必要だ」と感謝も同時に伝えたい時

「〇〇さんがいると、(場所)が明るくなるんですよね」

明るい人、陽気な人に対して使える。「私も明るい気分になります!」とか添えるとなお良いです。

「誰からも信頼されるタイプですね」

落ち着いている人などに良い褒め言葉。

「存在感がありますね」

誰しも自分がどう思われているか気になってしまうもの。控えめな人に対して使うと良いです。

「〇〇さんといるだけで、元気になれます」

ムードメーカーさんに使うと良いです。

「〇〇さんといるだけで、幸せな気分になれます」

実際に言われてとても嬉しかった言葉です。私でも人を幸せな気分にさせることができるんだ、と自己肯定感もアップしました。

「〇〇さんには、いつも助けられています」

お姉さんタイプの人に使うと良いです。お世話になっている人にも、先輩や上司にも。

「〇〇さんのおかげで、今の私がいます」

少し大げさのような気はしますが、言われてとても嬉しい言葉です。

 

外見を褒めたい時

「品がありますね」

ファッションセンスだけでなく、その人自身の雰囲気も褒めることができます。

「さわやかな人だ」

清々しく、いつも笑顔な人などに使うと良い。

「個性的ですね」

リスクがある言い方だが、みんなと一緒がイヤという人には良い言葉。

「オーラを感じます」

周りの人とはどこか違う、その人にしか無い魅力を伝える時に。

「目が綺麗ですね」

目の色素が薄い人や、目が印象的な人に使える言葉です。純粋さを間接的に伝えることもできます。

「スタイル良くて、モデルさんみたいですね」

きれいな人にぜひとも使いたい言葉。モデルさんみたいと言われると悪い気はしないです。

微妙な性格を相手が気にしていて、うまいこと褒め言葉にしたい時

気弱で頼りない⇨「温厚な人だ」

優しい人、落ち着いた人とかでも良いと思いますが、温厚な人が一番綺麗な褒め言葉だと思います。

小心者⇨「心配性で慎重な人だ」

少し意味合いは変わってくるが、小心者にはこう伝えると良いです。

行動力がない⇨「じっくり物事を考えるタイプの人ですね」

今は、行動していないがそれは色々考えているからだ、と伝えることができます。相手も、考えているからには行動しないと、と思うかもしれません。

要領が悪い⇨「マイペースな人ですね」

全く悪い気がしないし、きちんと自分を持っている人と思わせることができます。

飽きっぽい⇨「色々なことに関心がある人だ」

好奇心旺盛、と言ってもいいでしょう。

不器用⇨「地道に頑張っていますね」

不器用な人は周りに理解されないと思いがちなところがあるような気がするので、頑張りを認められると嬉しいと思います。

頑固⇨「こだわりを大切にする人ですね」

何があっても筋を通す人なので、こだわりと表現すると良いでしょう。

いきあたりばったり⇨「状況に合わせて対応している人だ」

対応を褒める。

最後に!褒める時に心に留めておきたいこと

多彩な褒め言葉を読者さんは沢山知ったことでしょう。あとはシチュエーションと相手の心を考えて発言してみてくださいね。

もし、思い浮かばなかったときは名詞を褒めるとなお良いです。

例えば、「ネクタイが素敵ですね!」「そのハンカチ、とても可愛いです!」

名詞を使うだけで誰もが嬉しい褒め言葉になります。

褒めるのが苦手という人は、相手の身の回りのものを褒めるところから始めるのも良いかもしれません。